FAQ

 

タトゥーはどういうことをするのですか?
タトゥーは、顔料をつけた針で肌を突き、表皮下の真皮に色を染めて絵を描く行為です。

タトゥーは一生消えないものですか?
表皮の下の真皮に色を染めるので、色が消えてなくなることはありません。一生肌に絵がある状態になります。

色は薄くなりますか?
はい。新陳代謝とともに、色は微量ですが体外に排出されますので、年数がたてば彫った当時よりも色が薄くなります。しかし、薄くなるのであって消えることはありません。
※薄くなった色は、追加で色を入れることができます。

彫った後でデザインや色の変更はできますか?
これは、できません。最初に彫った色の上に、違う色を入れた場合最初の色の影響を受けるので綺麗になりません。彫ってしまうと、やり直しができませんので十分にご希望を吟味してリクエストしてください。

社会的な不都合、制約はありますか?
はい。日本ではタトゥーに対して偏った見方があり、タトゥーがあることで制約を受ける場合が多くあります。内容は様々ですので、こちらでは割愛いたしますがよくある例ですと、公衆浴場、サウナ、プールなどで入場を断られる場合があります。(中には、入場できるところもあります)その他、就職や職場、あるいは結婚、人間関係などでタトゥーを受け入れてもらえない事態に遭遇することもありえます。タトゥーを彫ったことで直面する様々な出来事はすべてご自身で解決していかなければなりません。彫ってしまうと一生残ります。十分にお考えの上、自己責任でタトゥー施術をお受けください。

衛生管理はどのようにしていますか?
針・インク・手袋といったお客様の肌に直接触れるものはすべてディスポーザブル(使い捨て)です。また器具類は超音波洗浄器で細部まで汚れを落とした後、細菌・真菌・ウィルス(HIV・肝炎・一般ウイルス)に対して有効である次亜塩素酸ナトリウムで殺菌消毒の上、医療用オートクレーブを用いて高圧蒸気滅菌処理をいたしております。衛生面は万全の態勢をとっていますので、ご安心ください。

現在通院中ですがタトゥーを彫ることができますか?
これは当店で判断できない事項です。医師にかかっている方、薬を服用されている方は必ず医師にご相談のうえ施術をご依頼ください。

妊娠中、授乳中にタトゥーを彫れますか?
妊娠中、授乳中のタトゥー施術は行っておりません。タトゥーインクは皮膚から毛細血管を通して全身をめぐります。
母体を通して胎児や赤ちゃんに対してどのような影響があるのか危険性は全く未知ですので、胎児、赤ちゃんの健康を重視してこの期間はなさらないほうが良いです。

MRIの検査は受けることができますか?
こちらは、医師、病院の判断を仰いでください。MRIは、磁気を利用して人体の映像を撮影する機械で、MRIで映像撮影中に、タトゥーインクの成分と磁気が反応して火傷を起こす可能性があるといわれています。しかしながら、実際にタトゥーを彫った人がMRIを受けて火傷を起こしたという事例は今のところないようですが、検査を受けたすべての人が100パーセント火傷しないと保証できるものではないので、火傷の可能性を了承のうえ検査を行っているのが現状のようです。

献血はできますか?
はい、できます。ただし、タトゥーを彫ってから1年以上経過しないと献血できない条件になっています。

体調が悪い場合は?
体調不良の場合は施術は不可能です。施術日の延期をしますので必ず事前にお申し出ください。

彫るまでにはどんな段階がありますか?
次の2段階になります。(1) 打ち合わせにてデザインの相談、(2) 彫る日の予約をとる

デザインはどのように決まりますか?
お客様のご希望をお聞きした上でこちらでデザインする方法とお客様ご自身でデザインしたものを持ち込んでいただく方法があります。

雑誌、インターネットで見つけたタトゥーのデザインをそのまま彫ってもらえますか?
当店は、オリジナルのデザインを彫ることを基本としており、また著作権の観点からも、すべきではないと考えているのでお引き受けできません。

デザインが決まっていません、迷っています。
スタジオにお越しいただければご相談に応じた上で、お客様にあったデザインをご提案いたします。

打ち合わせに必要なものはなんですか?
顔のわかる身分証明書(免許証・パスポートなど)が必要です。

飛び込みでの相談は可能ですか?
当店は基本的には予約制ですが、場合によっては即日施術できる場合があります。お急ぎの方はご相談ください。

打ち合わせではなく、まず見学したいのですが。
彫っている現場をお見せすることはできませんが、スタジオ内を見学していただくことはできます。見学希望の場合は一度お問い合わせ下さい。

同伴は可能ですか?
施術に集中したいので、お一人でお越しいただくのが基本となります。しかし、さまざまな事情があると思いますので事前にご相談ください。

施術前に気をつけておかなければならないことはありますか?
体調を万全に整えてください。施術当日に響くような深酒は避けて、睡眠を良くとり体調を整えてください。また施術前は食事を摂ってからお越しください。

彫ってもらうときの服装は?
施術中インクで服が汚れる場合がありますので、軽装でお越しください。肌を締め付けるようなものではなく、ゆったりとしたものがベストです。着替えをお持ちいただいても構いません。

Comments are closed.